09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    まりゑ

    Author:まりゑ
    音楽パフォーマンス団体 the CRAZY ANGEL COMPANYで、楽器を吹いたり、踊ったり、吹きながら踊ったりしています。
    2014年8月に出産、子育て奮闘中。

    【さらに詳しいプロフィールは、コチラをクリック

    カテゴリ

    アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム

    最新コメント

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/18:まりゑ

    • 03/17:うえっち

    リンク

    RSSリンクの表示

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「バレエの神髄」 岩田守弘さんに会ってきた!

    2010.07.15 23:55|ダンス&パフォーマンス
    全力で会場にいって、全力でバレエ観てきた まりえですー

    ひさびさの生バレエ
    開演時間早い上、ホールが駅から遠くて、しかも途中楽器屋さんに寄りたくて、
    いっぱい走りましたー

    楽器屋さんに寄ったのは、うちの団体(the CRAZY ANGEL COMPANY)が特集されている雑誌を手にいれるため
    その雑誌については、またのちほど

    バレエの神髄

    「バレエの神髄」@新宿文化センター

    いってきました

    豪華キャスト!
    ルジマトフに、吉田都さんに、岩田守弘さん!
    わーお!
    どの人も、生では観たことなかったから、観たかったのです

    今回は、ガラ公演
    いろんなバレエ作品のおいしいとこを、集めた公演
    でも、ガラ公演ってあんま好きじゃないんだよねぇ
    ストーリーのなかの一部分を取り出して並べてるから、どうしても唐突なかんじが
    「本当は大人数舞台上にいるシーンなのに…」という曲も、踊る人しかいなかったりするから、なんだか不思議
    曲のつなぎも、無音だったり、暗転したりするのがなー
    とはいえ、いろんなダンサーが観れるのは、うれしいんだけど



    内容は、もう大満足!

    岩田さんステキでした!
    かっこよかったー!
    鼓童の曲で、「侍」という、銀の扇を持った踊り
    1曲目が「眠りの森の美女」のローズ・アダージョだったんだけど、なんだか浮いていて・・・
    (ステキだったんだけど。1曲目だからかもしれないし、ほんとは豪華なシーンなのに5人しかいないからかも)
    それが、岩田さんの2曲目になったらしっくりきたというか、空間が埋まった感じ
    すごい集中して観入っちゃいました

    途中、カポエイラみたいな振り(片手で後方転回するようなやつ)がはいっていたり、
    なんだかちょっと意外な演目

    岩田さん、もう一つの「ディアナとアクティオン」のときもそうだったけど、
    場内一周のジャンプがめっちゃ軽い!飛んでる!浮いてる!
    はー、すごいな

    おもしろかった!この演目また観たい!



    バレエの神髄_岩田守弘さん

    終演後、岩田さんの親友・佐藤尚之(さとなお)さんの紹介で、
    楽屋で岩田さんにお会いしました―――!!!

    (さとなおさん、ほんとありがとうございますっ!感謝です!
    というか、恐れ多くて「知り合いの」だなんて書けませんっ!)

    緊張しつつ、ワタワタしつつ、お話させていただきました!
    写真も撮っていただきました!サインももらっちゃいました!お疲れな中すみません!
    でも!だって!
    世界の岩田さんが!目の前に!(><)

    一緒に観にいった友人と、いろいろ質問・・・


    ■友人の「『侍』の銀の扇が日本刀のように見えました」という感想に・・・
    「はじめ紫色の扇を使っていたんだけど、紫だと色っぽくなってしまうから、銀に変えた。日本刀も意識している」
    とのこと!
    居合とか殺陣とかのプロフェッショナルな人って、無駄な動きがまったく無い印象があるんだけど、
    岩田さんからも同じような印象を受けました!
    バレエも、剣も、身体や心をストイックに突き詰めていくものだから、共通する部分があるんだろうなぁ


    ■岩田さんが振付した「阿修羅」について・・・

    ルジマトフにあてて振付されたそう
    あて役かぁー!なるほどってかんじ!ぴったり!
    もうね、おなじ人間と思えない・・・

    あと、「振りをつけてから、曲をつけた」というのもびっくり!
    どうやって振りうつししたのかも気になる・・・聞けばよかった(><)

    照明などの演出も岩田さんがされているそう
    振付はもちろん、照明もすてきだったんですよー!
    はじめ暗闇のなかにピンスポでルジマトフが浮かび上がって、環がどんどん広がって、環のはじから世界を見渡すようにいて、道?世の軸?が見えて、静になっていって・・・
    (解釈はもしかしたら違うかもしれないけど、私はこうかんじました)
    1曲のなかにぎゅっとストーリーが凝縮されているかんじ





    なんだか、岩田さんわっしょいな感想になってしまいましたー

    他も、ほんと!すごかったんです!

    「海賊」かっこよかったし、
    「ライモンダ」の吉田都さんは可愛くて可憐だったし、
    あ、あと、「ライモンダ」の女性2人のダンスがよかった!

    2幕のシェヘラザードも、ガラ公演なのに全幕ものが観れて得した気分
    曲もすきだし、振りもすき(^^)
    フィリピエワのやわらかくて女性らしい踊りもすてきだったなぁ



    もう、いろいろ満足すぎる日!
    感謝ー!

    【プログラム】

    「眠りの森の美女」よりローズ・アダージョ    
    音楽:P.チャイコフスキー 振付:M.プティパ
    ハニュコワ、キエフ・バレエ

    「侍」 音楽:鼓童 振付:M.ラブロフスキー
    岩田 守弘

    「海賊」よりパ・ド・トロワ 音楽:R.ドリゴ 振付:M.プティパ
    フィリピエワ、シドルスキー、イシュク

    「阿修羅」 音楽:藤舎名生 振付:岩田守弘
    ルジマトフ

    「ディアナとアクティオン」 音楽:C.プーニ 振付:A.ワガノワ
    ドムラチョワ、岩田 守弘

    「ライモンダ」よりグラン・パ・ド・ドゥ
    音楽:A.グラズノフ 振付:M.プティパ         
    吉田 都、シドルスキー
    キエフ・バレエ

    「シェヘラザード」                   
    音楽:N.リムスキー=コルサコフ 振付:M.フォーキン  
    ルジマトフ、フィリピエワ、キエフ・バレエ

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:バレエ
    ジャンル:学問・文化・芸術

    タグ:バレエの神髄 岩田守弘 吉田都 ルジマトフ 阿修羅 新宿文化センター

    コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    Re: タイトルなし

    > ふぁぉ、ずいぶん贅沢なプログラムだね~♪
    > 岩田さんに会えたなんてすごい☆☆☆
    > テレビでしかみたことな~い(*_*)
    >
    > そうそう、なぜか今日、「ルジマトフ」の名前が頭を駆け巡ってたとこだった。

    豪華なプログラムだったよーーーー!!!
    岩田さん、ブログを読んでて、「いい人っぽいなー」って思ってたんだけど、
    やっぱいい人だった!
    そして、かっこよかったよーーー!!

    ルジマトフも、やっぱすごいんだね
    生で観ると、またすごい・・・

    ふぁぉ、ずいぶん贅沢なプログラムだね~♪
    岩田さんに会えたなんてすごい☆☆☆
    テレビでしかみたことな~い(*_*)

    そうそう、なぜか今日、「ルジマトフ」の名前が頭を駆け巡ってたとこだった。
    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。