07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    プロフィール

    まりゑ

    Author:まりゑ
    音楽パフォーマンス団体 the CRAZY ANGEL COMPANYで、楽器を吹いたり、踊ったり、吹きながら踊ったりしています。
    2014年8月に出産、子育て奮闘中。

    【さらに詳しいプロフィールは、コチラをクリック

    カテゴリ

    アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム

    最新コメント

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/18:まりゑ

    • 03/17:うえっち

    リンク

    RSSリンクの表示

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    行ってみたいところ1?地中美術館

    2010.10.04 22:35|アート・美術館・博物館
    建築学部受験を考えていた まりえです

    受験科目に物理が必須だったら、
    「向いてない」と思ってやめちゃったけど(^^;←物理めっちゃニガテ




    日経BP社の「ケンプラッツ」という建築関係のサイトに、すてきな美術館の記事が?!

    暗さが際立たせる“光の美術館” - 地中美術館(香川県直島町) 
    発注:直島福武美術館財団 設計:安藤忠雄建築研究所 施工:鹿島


    地中美術館

    地中美術館!?
    名前からしてステキ!
    気になる!


    以下、記事を一部引用

    「地中美術館」という名前を聞いて、洞くつのような薄暗い空間を想像していた。だが、それは見事に裏切られた。確かに通路や前室など、暗い部分は極端に暗い。しかし、主要な展示空間には大胆に自然光を採り入れ、動線上のポイントとなる部分には二つの大きな中庭を設けている。全体の印象は、むしろ多くの“閉じた地上美術館”よりも明るい。
     7月18日、香川県・直島に地中美術館がオープンした。クロード・モネの絵画と2人の現代美術作家、ジェームズ・タレル氏、ウォルター・デ・マリア氏の作品を常設展示する。ベネッセコーポレーションが90年代以降、直島で展開してきたアート事業の節目となるもの。ベネッセハウス(旧称・直島コンテンポラリーアートミュージアム)、同アネックス、南寺と、主要な施設を手がけてきた安藤忠雄氏が設計を担当した。プロジェクトの中心になった秋元雄史館長(直島福武美術館財団常務理事)とは、10年来の付き合いだ。
     地中美術館というアイデアは、関係者の間でごく自然な流れとして生まれたという。安藤氏は「もともと塩田があった場所なので、できるだけその雰囲気を残そうと思った」と話す。秋元館長は「一帯が国立公園……


    ウォルター・デ・マリア ジェームズ・タレル
    安藤忠雄 地中の庭
    (写真は「ベネッセアートサイト直島」より)


    どんなとこか気になって検索してみたら、
    地中美術館がある瀬戸内海の「直島」は、島のあちこちにアートプロジェクトがある模様


    「家プロジェクト」なんかも、おもしろいなぁ
    空家を改修して、空間そのもとがアート作品になってるの

    行ってみたいぞ、直島




    くわしくは、「ベネッセアートサイト直島」のサイトでどうぞ♪

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。
    ジャンル:学問・文化・芸術

    タグ:直島 ベネッセアートサイト直島 安藤忠雄 地中美術館 建築

    コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。