08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    プロフィール

    まりゑ

    Author:まりゑ
    音楽パフォーマンス団体 the CRAZY ANGEL COMPANYで、楽器を吹いたり、踊ったり、吹きながら踊ったりしています。
    2014年8月に出産、子育て奮闘中。

    【さらに詳しいプロフィールは、コチラをクリック

    カテゴリ

    アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム

    最新コメント

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/18:まりゑ

    • 03/17:うえっち

    リンク

    RSSリンクの表示

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ソーシャルスタイル診断で苦手な人も克服できるかも

    2010.12.01 19:30|つれづれ
    社交型(エクスプレッシブ)タイプの まりえです



    なんのことかっていうと、
    「ソーシャルスタイル診断」という、人を4つのタイプに分類する考え方のこと

    自分だけでなく、まわりの人にもあてはめていくことで、
    相手とのよい関わり方を知ることができるんですー
    おもしろい!

    たとえば、営業マンなら、
    「相手は理論型だから、データを提示して営業しよう」
    「相手は社交型だから、人間関係を大事にしよう」
    など、対策を立てられたり


    最近、そんなセミナー資料を作ってます



    4つのスタイルは、こんなかんじ↓(クリックすると大きくなります)

    ソーシャルスタイル診断4つのタイプ
    リクナビのソーシャルスタイル診断ページより)

    「感情が表す⇔感情を抑える」の2パターンと、
    「主張する⇔傾聴する」の2パターンで、
    2×2=4パターン

    4パターンは・・・
    ◆社交型(Expressive):感情・外向
    ◆現実型(Driver) :論理・外向
    ◆理論型(Analytical):論理・内向
    ◆友好型(Amiable) :感情・内向




    わたしは、自己診断では、
    「社交型」(感情が表に出て、主張するタイプ)

    だけど、仕事で関わりのある人たちからの診断結果は、
    「友好型」(感情が表に出て、傾聴するタイプ)
    ってなりましたよ


    へぇー
    そうかぁ
    自己診断では、「素の自分」(プライベートのときやパフォーマンスしているときの自分)として設問に答えていたけど、
    たしかに会社では、あまり主張していないかも
    というか、そういう風に振舞っているかも
    (仕事内容が、相手のニーズに合わせて作っていくタイプのものだから)



    興味のある方は、下記サイトで簡単に自己診断できますよー
    友だちに自分のことについて診断してもらったり、
    自分がまわりの人について診断してみても、おもしろいです


    リクナビ ソーシャルスタイル診断

    ソーシャルスタイル診断
    表記の仕方はちがうけど、これもソーシャルスタイルについての記事ですねー

    「ソーシャルスタイル」で苦手なタイプを攻略 | 幸せのコーピング眼鏡
    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:お仕事日記☆
    ジャンル:就職・お仕事

    タグ:ソーシャルスタイル ソーシャルスタイル診断 診断方法 4つのタイプ 営業 人間関係 社交型 理論型 現実型 友好型

    コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

    ビジネス面でも性格診断が、コーチングやチームビルディング、マネージメントで使われることがあるよー。
    「エニアグラム」はちょっと古いけど有名かもー。
    興味があればやってみー♪
    http://shining.main.jp/eniatest.html

    どの診断でもいえることだけど、これらを使う時に大事なのは

    ・人にはいろいろな価値観があることがわかること(→自分と違う価値観を否定しないこと)
    ・人には一つの面だけでなく、いろいろな面を持っている(→偏見しすぎないこと)

    かなーと思ってる~♪
    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。