09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    まりゑ

    Author:まりゑ
    音楽パフォーマンス団体 the CRAZY ANGEL COMPANYで、楽器を吹いたり、踊ったり、吹きながら踊ったりしています。
    2014年8月に出産、子育て奮闘中。

    【さらに詳しいプロフィールは、コチラをクリック

    カテゴリ

    アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム

    最新コメント

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/18:まりゑ

    • 03/17:うえっち

    リンク

    RSSリンクの表示

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    小谷元彦展「幽体の知覚」@森美術館

    2011.01.05 23:50|アート・美術館・博物館
    自分が「完璧主義」だなんて、まだまだだなぁと思った まりえです

    でも、ちょっとゆるさがあるくらいが、ちょうどいいのかも






    六本木ヒルズの森美術館に行ってきました

    小谷元彦展「幽体の知覚」

    彫刻家、らしいです
    でも、従来彫刻といわれるものだけでなく、空間や時間も彫刻してしまうような人

    すごい

    すごいけど怖い!

    だって、あの骨のいっこいっこを、髪のひとつひとつを、
    作って寝て作って寝て作って寝て作って寝て作って

    尋常じゃないなぁ、、、

    美しいものとグロテスクなもの、生と死、自由と圧迫、そういう対極にあるものをひとつに表現した作品がたくさんあったけど、
    作り上げたものに迷いがないというか

    あれって、
    作り上げる過程で迷いが無くなったのか、
    迷いが無くなるまで突き詰めてから作るから完璧なものができるのか、
    どっちなんだろ



    面白かったのは、「インフェルノ(Inferno)」という、映像を使ったインスタレーション
    壁も天井も床も鏡張りの部屋に、滝の映像が投影されていて、中にいるとなんとも不思議なかんじ
    浮いているような落ちているような吸い込まれそうな空間で、音響も相まって催眠術にでもかかりそうな感覚

    怖いです

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。
    ジャンル:学問・文化・芸術

    タグ:小谷元彦 森美術館 幽体の知覚 彫刻 インスタレーション 森タワー 六本木ヒルズ 美術館 現代アート

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。