09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    まりゑ

    Author:まりゑ
    音楽パフォーマンス団体 the CRAZY ANGEL COMPANYで、楽器を吹いたり、踊ったり、吹きながら踊ったりしています。
    2014年8月に出産、子育て奮闘中。

    【さらに詳しいプロフィールは、コチラをクリック

    カテゴリ

    アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム

    最新コメント

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/18:まりゑ

    • 03/17:うえっち

    リンク

    RSSリンクの表示

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    ヤン・リーピンのクラナゾ

    2011.04.08 23:44|ダンス&パフォーマンス
    中国のダンサー、ヤン・リーピンの爪の長さにびっくりした まりえです

    踊りとあっていて、長い指(爪)が映えるわぁ
    手の表情が、より出るなぁ
    つけ爪だよね、、、?(・・;)

    私も、ダンスを大きく見せる為に髪や爪は伸ばしていることが多いけど、
    あそこまでは無理だなー
    楽器にぶつけそうだ(^^;
    バルーンアートなんてした日にゃあ、、、割れる絶対




    チベット族の原生態を描いた「クラナゾ」観てきました
    @オーチャードホール


    キャストは、本物のチベット族の若者たち90名余り!

    「あそこに踊りの上手い人がいる」
    「ここに歌の上手い人がいる」
    という噂を聞きつけては、
    ヤン・リーピン自ら訪ねて選んでいったとのこと

    でも、チベット族は遊牧民だから、噂をきいても探すのが大変だったとか!
    そりゃそうだ(^-^;



    大勢で地を踏み鳴らしながら、声をあげて踊るっていうのは、
    日本のよさこいにちょっと似てるなぁ
    人が集まるとそれだけでエネルギーがあるし、
    合わせて唄えば空気が動くし
    揃って踊れば大気が動くね

    群舞が大迫力!



    厳しい自然を受け入れようとするから、
    礼拝や歌や踊りに込める思いがあるのだろうけど、、、
    うーん、
    正直、信仰心については自分と違いすぎて共感はできなかったかな



    国宝級のダンサーといわれているヤン・リーピンの踊りは、
    人じゃない存在の「菩薩」だと思えて、素晴らしかったです

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:観劇
    ジャンル:学問・文化・芸術

    タグ:ヤンリーピン クラナゾ オーチャードホール チベット 民族舞踊 チベット族 蔵謎

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。