09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    プロフィール

    まりゑ

    Author:まりゑ
    音楽パフォーマンス団体 the CRAZY ANGEL COMPANYで、楽器を吹いたり、踊ったり、吹きながら踊ったりしています。
    2014年8月に出産、子育て奮闘中。

    【さらに詳しいプロフィールは、コチラをクリック

    カテゴリ

    アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム

    最新コメント

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/18:まりゑ

    • 03/17:うえっち

    リンク

    RSSリンクの表示

    スポンサーサイト

    --.--.-- --:--|スポンサー広告
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    古代文字で名前を書いてもらえます

    2011.10.17 18:43|国内旅行
    自分の名前をもっとすきになった まりえですー(^^)



    この前、喜多方にいったときに、「樂篆(らくてん)工房」というお店に連れて行ってもらいました。

    樂篆家・高橋政巳さんのお店。
    訪れると、名前を『古代文字』で書いてくださり、使われている漢字の意味を丁寧に説明してもらえるのです!

    例えばわたし「万里江」なら、



    【万】…サソリの姿を形どったもの。「すべての人に恐れられる=すべての人に知られる」の「すべて・よろず」という意味。万字(卍)はすべての方向、という意味。(方は一方向。万⇔方)
    【里】…「田」と「土」。土はもり(ほこら・杜・神を奉る)のこと。田や畑だけでなく、神を奉っていて、きちんと整っている。
    【江】…「工」はとても大きな道具のこと。揚子江の「江」

    こんなかんじで、古代文字の成り立ちをイラスト(文字)で書きながら、くわしーく教えてもらえます。

    漢字って、ほんとに最初は絵だったのね!というのがわかるし、
    絵が文字に変わっていくまでにたくさんの人の手や想いが込められているんだなー、って思うと、
    なお自分の名前が好きになりました(^^)

    漢字、すごい。


    すっかり気に入って、いろいろ書いてもらいました。
    (お店で買ったものなんでも、書いてくれる☆)




    お店は喜多方なんだけど、ちょくちょく東京にもきているそうです。
    いちばん近い日程だと、今週末に日本橋三越本店にて。
    興味があるひとは行ってみると、きっとよいです♪
    (期間中ずっといらっしゃるのかはわかないので、お問い合わせしてみてくださいな)


    ■樂篆家 高橋 政巳
    http://www.fm-kitakata.co.jp/takahashi/



    【落款遊印 お誂え -冬香る和モダン 五感ジャパン!-】

    ■日時:2011.10.21(金)~23(日)10:00-19:00

    ■場所:日本橋三越 5階スペース#5 (tel 03-3241-3311 )

    オリジナル印、根付ストラップのミニ落款などの販売



    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:国内旅行記
    ジャンル:旅行

    タグ:喜多方 福島 旅行 お土産 観光

    コメント

    非公開コメント

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。