04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -
    プロフィール

    まりゑ

    Author:まりゑ
    音楽パフォーマンス団体 the CRAZY ANGEL COMPANYで、楽器を吹いたり、踊ったり、吹きながら踊ったりしています。
    2014年8月に出産、子育て奮闘中。

    【さらに詳しいプロフィールは、コチラをクリック

    カテゴリ

    アーカイブ

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    検索フォーム

    最新コメント

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:まりゑ

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/31:TOMOMO

    • 03/18:まりゑ

    • 03/17:うえっち

    リンク

    RSSリンクの表示

    破水から陣痛、そして出産までのいろいろ―その2

    2014.09.03 18:29|妊娠・出産・育児つれづれ
    その1からの続きです




    【8月6日】

    21:00頃    やっぱり食欲わかず、フルーツだけ食べる。
             なんか、味が変。。。
     
             なんかもうほんと痛くて無理!
             さらに気持ち悪い・・・吐く(*_*)
             少し前に「気持ち悪くなったらこれ使ってくださいね」
             とベット脇に置かれたエチケット袋が役立つ・・・
             陣痛中気持ち悪くなるなんて知らなかったー

             「便がたまっているとお産が進みにくい」と助産師さんに言われ、
             トイレに行ってみるけど、でない。
             立ってトイレに行くのも辛いけど、ベッドに横になっているのも辛くて、
             トイレ前の洗面所のカウンターに前かがみにもたれかかってしばらく過ごす。
             だめだーつらいー
             
             わたしの痛がり方を見て、
             母が「あと1時間くらいじゃないか」と言う。
             が!そのあとすぐ、助産師さんに、
             「今日はまだ生まれないでしょうね」と冷静に言われる。
             泣きたい(><)

             飲み物を飲むために顔を上げるのもツラくなったので、
             ストローつきのペットボトルキャップがあって、ほんとうによかった。
             先輩ママさんのアドバイスで用意しておいたもの。
             感謝!
             ペットボトルキャップ2 ペットボトルキャップ1

             あと役だったのはうちわ。
             扇いでもらったです。
             うちわ


    22:00頃    トイレ前の洗面所にいたり、床に立てひざになってベットにもたれかかってみたり。
              これまでの人生でいちばん痛い(><)
              こんなに痛いなんて。
              こんなに痛いのって、病気か怪我だったら麻酔するもんなのに!
              だから無痛分娩ってものが存在するのか。
              無痛分娩にするんだった。。。
              もう逃げ出したいー(どうやって?)

              痛すぎてナースコールする。
              「深呼吸してー」とかなんとか言われ、バナナ型の抱き枕をもってきてくれる。

    22:50      ダンナからのLINEが何度かはいっていたけれど、
             携帯を見る余裕まったくなし!
              ダンナ 『まだ変わらず~?』

    23:30頃    痛すぎて、再度ナースコール。
             私 「・・・なんか・・・すごく・・・いたくて・・・・・・」
            看護士さん 「お産は痛いものだから!
                      今、緊急手術がはいっているから・・・」

              といって去っていく看護士さん。
     
              えええーーーーーーー!

              それだけなの!?
              こんなに痛いのに!?
              もっとなんか痛みがやわらぐようななんかをしてほしいー!助言とか!
              
              (まあ、あとから思い返してみると、
               とくに問題ないし、まだ生まれる段階じゃないし、
               緊急手術もはいってるし、ってことだったんだろうけど。
               でも、「お産は痛いものだから!」って一蹴されたこと、
               きっと一生忘れない・笑)
             

    23:49     ダンナ 『まりちゃん?』
             もう、LINEが着信していることにも気づいちゃいませんでした。



    【8月7日】

    00:03     ダンナからの不在着信。
             気づくわけもなく。

    00:24     ダンナ 『頑張れ~!』
             気づくわけもなく。

    00:30頃    痛すぎ。
             額に汗だらだら。
             そしてなんかいきみたいかんじ。
             ナースコールする。
             母 「いきみたいって言ってるんですけど・・・」
            助産師さん 「じゃあ、分娩室にいきましょうか」

            やっと産まれる?もうすぐ痛いのも終わり?

            陣痛室から分娩室に移動。
            5Mくらいの距離なんだけど、もうそれだけを歩くのもツラい。
            というか、立つのもツラい。
            助産師さん 「分娩室にいかないと赤ちゃんに会えませんよー」
            私 「ううーーーー、ちびにあいたいーーーー」
            助産師さん 「じゃあ、がんばって」

            支えられつつズルズルよたよたと移動・・・

          
            分娩台に乗って、点滴をされ、内診。
            子宮口が8cmとのこと。
            助産師さん 「深呼吸して、いきまないで。
                    いきみたいときは、深呼吸で息をはいたあと、
                    みじかくいきんで。
                    吸ってー、吐いてー、うんっ、ってかんじで。」

            深呼吸ね、いきむのは短くなのね。
            言われたとおりにやってみるものの、短くいきむのがむずかしい。
            でも、長くなると、「短く短く!」と言われる。
            まだ本気でいきんじゃだめなのか。
            てことは、まだ産まれないのかー(><)

            短くいきめるようになると、助産師さんはほかの場所へ。
            しばし放っておかれる。
            痛いよー痛いよー。
            でも、口に出すともっと痛くなりそうだから、言わず。
            でも痛い・・・ツラい・・・いきみたい・・・
           
            「吸って、吐いて、ウンっ」のウンが長くなると助産師さんがやってきて、
            「短く短く!」と言って、また去っていく。
            痛いよー心細いよーいてほしいよー
            もっと構ってほしいー(←こども)

    01:00すぎ  内診。
            子宮口10cmとのこと。
            助産師さん 「深呼吸といきむの、どっちが楽?」
           私 「いきむほうが・・・」
           助産師さん 「そうね、いきむの得意そうだから、いきんでいいですよ」

            やった!そろそろ産まれる!?

    01:30頃   ずっと仰向けで足を開いている体勢がツラくなる。
            腰をずらしたりしてみたり。
            そうしたら、助産師さんが横向きの体勢に変えてくれる。
            助産師さん 「このままいきんでー」
            といって、また去る。

            しばらくすると、この体勢もつらくなってナースコール。
            私 「反対の向きになってもいいですか・・・」
            反対側を向かせてもらう。
            点滴がくっついているから、向き変えるのちょっとこわい。
      
            ずっとうんうんいきんでいるから、のどが渇く。
            側に置いてあるペットボトルの麦茶が空になったので、買ってきてもらう。
            あー、くちびるもピリピリするー。
            カバンからリップクリームも持ってきてもらうんだった。
     
            分娩室はいってからだいぶ経つけど、まだ産まれないのかな。
            痛くて余裕ないわりには、
            「おしり丸出しでこんなに長い時間いるのも、めったにないよなー」
            とか考える。
            助産師さんに「お母さん、なかに呼びますか?」
            と聞かれるけれど、
            「・・・(ふるふる)」と断る。
            だっておしり丸出しじゃん?
            
            でも、そのあともしばらく放っておかれて、
            「やっぱりお母さんになかにはいってもらえばよかったかも」
            とちょっと思ったりも。

            となりの分娩室からも、
            「ああああーーーーーーーーーーーーーー!」とか
            「痛い痛い痛い!」とか、かなり叫ぶ声がする。
            分娩室は区切られているけれど、
            扉なしでナースステーションにつながっているから、丸聞こえ。
            あんまり取り乱すとそこらじゅうに聞こえるなーと思いつつも、
            痛みでそれどころでもなく。

            (ちなみに、このとき分娩がお隣だった人と
             生まれたちびの名前はお揃いになりました。
             漢字は違うけど。
             これも縁?)


    02:00頃   助産師さんがきて、
            「そろそろ分娩の準備しますね」と言う。
            今から!?
            今までは準備してなかったのねー・・・
            ということは、産まれる段階でなかったのねー・・・
            だまされた気分っ!(><)
            どうりで放っておかれるわけだ

            体勢を再度仰向けの足を開いた状態にされ、
            おしりの下にシート?のようなものを敷かれ、
            両足にそれぞれ袋状のものを履かされる。
            「尿があると産まれにくいので、とっちゃいますね」
            と言われる。
            管のようなもので出すのかなー痛いのかなー、
            ってちょっと心配したけど、ぜんぜん感覚がなかった。

            たしかこのくらいのときに、破水。
            病院に来る前にも破水していたのは「ちょろちょろ」くらいで、
            このときはたくさん。
            本気の(?)破水はこっちかー
            

            助産師さんのほかに、看護士さんやドクターもくる。
            人が集まってきたなぁー
            放っておかれてないなぁー
            今度こそ産まれるよね?
     
            「膝を手で抱えて」
            「目はつぶっちゃダメ。おへそを見て」
            「深呼吸2回したらいきんで。できるだけ長くいきんで」 
           
     
            助産師さんが手で産道を広げつつ(たぶん)、
            看護士さんが足が下がらないように支えてくれつつ
     
            「赤ちゃんの頭出てきてますよ」
            と言われて、がんばる。

            でも、なかなか出てこない・・・
            出口のとこが痛いよー

            ドクター 「出口よりも赤ちゃんの頭のほうが大きいので、
                 切ってもいいですか」


            妊娠中は、
            「会陰切開コワイな。できればやりたくない・・・」
            って思っていたけど、
            もうどうでもよくなる。
            いいから早く産まれてほしいー
        
            麻酔を打ってくれたからか、
            全然痛くないどころか、いつ切ったかもわからなかった(・・;

    02:30頃   「もういきまないでいいですよ」
            と言われる。
            なんでなんでなんで?
            「もう頭が出てるから、深呼吸して」   
            え?そうなの?頭出てるの?
            とにかく深呼吸。
            「産まれますよ、下をみてください」

    02:32    でてきたーー!!
          うまれたーーー!! 
          やっとーーーー!!
          やったーーーー!!





    出産直後のカンガルーケアや授乳についてなど、
    もうすこし続きます。。。
     ↓
    出産直後の初乳、カンガルーケアなど
    分娩室から出たあと

    関連記事
    スポンサーサイト

    テーマ:マタニティライフ
    ジャンル:結婚・家庭生活

    コメント

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです
    非公開コメント